まめやの八穀米

家の炊飯ジャーで「まめやの八穀米」を炊いてみた

八穀米が美味しく炊けました!

まめやの八穀米

 

結構、昔から「もち米」を頂点として、穀物系のご飯が大好きです。

 

健康志向で玄米を食べるほどではないのですが、お弁当を買う時に「五穀米」とか「八穀米」があったら、ついつい買ってしまいます。

 

先日、伊勢神宮の内宮の隣にある「おかげ横丁」に行った時に「まめやの八穀米」というものを見つけました。

 

家の炊飯ジャーで簡単に炊けるとお店の人に聞いたので、お土産で買ってきちゃいました。
今回はそのレビューをしてみたいと思います!

 

 

まめやの八穀米とは?

八穀米の種類

↑色々な穀物が入っています

 

三重県にある会社が製造している八穀米で、

  1. 餅玄米
  2. 丸大豆
  3. 小豆
  4. あわ
  5. きび
  6. 押し麦
  7. とうもろこし
  8. 黒豆

という八種類が入っています。

 

 

作り方

(1)洗った穀物と水を炊飯器の中に入れて一晩おく

一晩寝かす

 

まずは全ての穀物(3合分)を簡単に水洗いします。
炊飯ジャーの中に、穀物と3合分の水を入れて、そのまま一晩寝かしておきます。

 

炊飯器にタイマー機能があれば、そのまま炊き上げの時間をセットしておきましょう。

 

本当は晩ご飯に食べようと思っていたら、一晩寝かしておかなければならずに、次の日にズレるなんてことになりました汗

 

 

(2)炊けました!

炊きあがり

 

翌日タイマーが正常にセットされていれば、その時間に出来上がり。
簡単すぎましたね。

 

あとは好きなタイミングで召し上がりましょう。

 

 

(3)いただきます

お茶碗に入れる

 

お茶碗に入れた時はこんな感じです。
家でこんなに簡単に美味しい八穀米が炊けるなんて、良いですよね。

 

値段が白米と変わらなければ毎日食べたいくらいです。

 

八穀の中に入っている「あわ」とか「きび」は昔、食糧不足の時代に食べていたものだと思いますが、今の時代に求めるとなると、生産数が少ない為にコストが高くなってしまうんですよね。

 

マクロビ好きな方などに支持されている玄米に関しても、白米と比べると値段が高いですし、有機栽培となるとさらに倍くらい高くなります。

 

なので、健康志向になるというのは、非常にお金がかかることなんですよね。
もっと気軽に食べられるように。どこかの企業さんに頑張ってもらいたいです。

スポンサード リンク