江ノ島でデートする時のポイントまとめ

江ノ島デートのポイント

この間初めて江ノ島に彼女とデートしに行ったので、今回はその時の「まとめ」をすると共に、これから行く方の為にいくつか役立つ情報をシェアしておきたいと思います!

 

湘南・鎌倉との併用は?

江ノ島の近くには湘南や鎌倉がありますが、行く時は江ノ島だけで十分かもしれません。

 

もし時間が余った場合は鎌倉の小町通りでお茶したり何かを食べたり、するというようなプランもお考えとくと良いかもしれません。

 

アクセス

それでは早速江ノ島の紹介ですが、東京駅からは東海道本線を利用していくことになります。

 

途中、藤沢あたりで江ノ電に乗り換えるのですが、江ノ電は一車線のローカル線なので、電車好きの人にとっては乗るだけでテンションがわかるかもしれません。

 

江ノ島駅に到着

江ノ電に乗って江ノ島駅で降ります。

 

シーキャンドル

降りると案内が出ていると思いますので、シーキャンドルという展望台をめがけて歩いていきましょう。

 

そこにたどり着く過程でいろいろなお店や神社などがありますので、デートするならゆっくり2人でいろいろな会話をしながらそういった建物めぐっていけば、十分に楽しめると思います。

 

生しらす「とびっちょ」

もし江ノ島でご飯を食べるとたらやっぱり「生しらす」がおすすめです。

 

生しらす

 

江ノ島駅に着いた瞬間から生シラスを扱っている食べ物屋さんが沢山出てきます。
いろいろと勧誘されると思いますが、私のおすすめするのはやっぱりいちばん有名な「とびっちょ」というお店です。

 

ぜひそこで生しらす丼を食べてみてください。
ただし、生しらすはその日によって、収穫できる量が変わってきてしまうようなので、食べられる時と食べられない時があります。

 

それもお店によって仕入れられるところとそうでないところがありますので、とびっちょに拘らずに、生シラスを仕入れてあるお店に行った方が結果的には良いと思います。

 

さらにおすすめとしては生シラスだけの丼だと味に飽きてしまうので、他のお刺身などとセットになった丼を頼むと、最後まで美味しくいただけると思います。

 

名物?有料エスカレーター

シーキャンドルに行く途中には、階段を上るのが辛い人のためにエスカレーターが用意されているので、有料ですが、暑い日などはそれを利用した方が便利かもしれません。

 

ただそれを利用しなくても十分に歩いて登っていけるレベルだと思います。

 

シーキャンドルは実はただの展望台なのですが、実はその奥にも楽しめるスポットが何個かあるんです。

 

岩屋

例えば奥には岩屋という洞窟があったり、あとは、釣り人が沢山いるようなスポットもあります。
そこは本当に一歩足を踏み外したら海に落ちてしまうレベルなので気をつけてください。

 

帰りはボートで

もし帰りにまた来た道を歩いて帰るのが辛かったが、ボートで帰ることもできます。

 

シーキャンドルに行く途中にも乗り場があると思いますのでそこでを乗らずに、帰りは奥から乗ってそこに到着するようなイメージで遊びに行くと良いのではないかと思います。

スポンサード リンク