アイスコーヒーの美味しい抽出の仕方

アイスコーヒーの抽出方法

自宅でコーヒー豆からアイスコーヒーを作る場合の抽出方法というのは、何種類かパターンがあります。

 

例えば、

  • ハリオから出ているアイスコーヒー専用の簡易コーヒーメーカーを買って、水出しで抽出して飲む方法
  • 同じようにハンドトリップして抽出してそれを氷で冷やして飲む方法

などが一般的だと思います。

 

アイスコーヒーメーカー

ハリオから出ているアイスコーヒーメーカーを使うと、一度の抽出には数時間の時間がかかりますが、一度に1リットルとか500ml の大量のアイスコーヒーを作ることができるので、それを一日分と考えれば1回の手間ですので非常に簡単です。

 

アイスコーヒーメーカー

 

ただし作り終わったとの洗い物が大変というデメリットもあります。

 

私も最初ハリオて大量に作り置きしようかと考えましたが、私の場合は冷蔵庫の中に入っていれば、あるだけ飲んでしまう性格なので、作り置きしておくことはやめておこうと考えました。

 

ハンドトリップ

なので、一日の間に飲みたくなった時にハンドドリップでアイスコーヒーも作るようにしています。

 

一日に3回アイスコーヒーを飲むとすると、3回もハンドドリップをしなければいけないので、多少面倒ではありますが、そっちのが毎回のハンドドリップを楽しめるというメリットもあります。

 

ハンドドリップをする時はわざわざサーバーなどは使わなくて直接マグカップに抽出していきます。

 

なので、マグカップにあらかじめ氷を大量に入れておいて、その上からドリッパーとコーヒー豆をセットしてお湯を垂らしていきます。

 

あとはホットと同じように抽出していけば OK です。

 

アイスコーヒーなので、苦味が出るようにお湯はゆっくりとポタポタと時間をかけて抽出した方が美味しくてビターなアイスコーヒーに仕上がると思います。

 

粗いフィルターはお勧めしません

注意点としてはゴールドフィルターはやはり使わないほうがよいのではないかということです。

 

私はホットコーヒーを飲むときは、紙フィルターではなくてゴールドフィルタを使って抽出しているのですが、この欠点は細かい粉が一緒に抽出されてしまうことです。

 

飲み終わった時の底の方には細かい粉がたまっているのが普通です。

 

ほっとん時はそれでも良いのですが、アイスコーヒーの場合は、そのざらざら感が非常に不快に感じてしまうので、できればアイスの場合だけは、ペッパーフイルターを使って抽出した方がおいしいアイスコーヒーを入れられるような気がします。

 

コンビニのアイスコーヒーが最近はお勧め

近くにコンビニエンスストアがある方は、家で手間暇かけてアイスコーヒーを作るよりも、コンビニコーヒーを買ってしまう方がお勧めです。

 

一昔前はチルドコーヒーしかありませんでしたが、今はドリップしたてのアイスコーヒーが、Sサイズで1杯100円で飲めてしまうからです。

 

しかも、自分でハンドドリップするよりも味は美味しいと思います。
私の場合は、自分で抽出することにコダワリはなかったので、あっさりとコンビニに切り替えてしまいました。

 

おかげで、洗い物をしなくて済むようになりましたし、コーヒー豆を自分で管理する手間も不要になりました。

 

おすすめのコンビニコーヒー(アイスコーヒー編)

コンビニ各社で微妙というか、結構、味が異なります。
しかも、

  • ホット
  • アイス

で、どこが美味しいかどうかが変わってくると思います。

 

今回はアイスコーヒー編のランキングを紹介したいと思います。
もちろん私個人の独断と偏見です!

 

ファミリーマート

ファミマコーヒーは、ホットはイマイチなのですが、アイスコーヒーは美味しいと思います。

 

ただ、Sサイズは100円なのに、Mサイズは180円もするので、ちょっとお高めですね。
Mサイズも150円にしてくれたら良いのに!

 

セブンイレブン

ホットはダントツ1位のセブンですが、アイスコーヒーはそこまで美味しいとは思えないんですよね。

 

ただ、ホットとアイスの総合評価で選ぶ場合は、やっぱり総合1位はセブンのコンビニコーヒーになると思います。

 

サークルKサンクス

同じくホットは美味しいサークルKサンクスですが、こちらもアイスコーヒーになると少しビターになりすぎてしまうと思います。

 

 

ちなみにローソンは近くにないので、味の比較がそれほどできていないのでランキングから除外しました。

スポンサード リンク