LCCに乗って成田から沖縄まで行ってきた!

LCCで成田から沖縄・那覇空港まで片道3480円で行ってきた

「乗ろう乗ろう」と思っていたLCC
先日、沖縄に旅行に行く機会があったので、その時にようやくと試すことができました。

 

利用したのはエアアジアで、成田〜沖縄那覇空港の往復。
お値段は何と片道3480円!

 

エアアジア

 

もちろん色々と不都合なこともあったけど、結論「LCC最高」でした!

 

これで、個人で沖縄旅行を企画してホテルまで予約しても、ツアーと同等の価格で収められるようになったと思います!

 

ということは、つまり、もう旅行会社の面白くない激安ツアーを利用する必要は完全になくなったということですね。

 

最初はLCCならではの失敗も、いくつかするとは思いますが、僕はもっと慣れて使いこなしてメリットを追求していきたいと考えています。

 

そこで、今回は初めての利用で学ぶことが多かったので「気づき」をまとめておこうと思います。

 

良かった点は飛行機代の安さ

LCCのメリットは、何と言ってもチケット代の安さですね。

 

ですが、普段から成田〜那覇間の片道が3480円の激安価格というわけではなくて、今回は「プロモーション料金」というセールを利用することができました!

 

プロモーション料金について

どうやって「プロモ料金」で申し込めるかというと、各LCCのホームページを常にチェックするのも良いですが、それは大変なので「メルマガに登録しておく」のが便利だと思います。

 

僕の場合は、

  • エアアジア
  • ピーチ
  • ジェットスター

の3社のメルマガに登録しています。

 

今回の場合、「沖縄旅行に行こうかな?」
とボンヤリ考えているところに、エアアジアのメルマガが届いて、その中に「沖縄3480円というプロモ料金」が提示されていたわけです。
思わず、それに飛びつきました。

 

座席指定は無料のままでOK

ホームページでチケット予約をしている途中に「座席指定をする場合は有料オプションで300円ほどかかる」というような案内が出てきます。

 

選択肢に「無料(座席指定をしない)」という選択肢がない、もしくはわかりづらいこともあって、有料(座席指定をする)にしてしまいがちですが、そこを上手くスルーすると勝手に無料が選ばれます。

 

ホームページの作り方が少しズルくなっているので、その点注意が必要かもしれません。

 

僕の場合、座席指定をしなかったのですが、結局、一緒に行った相方とは隣に座れました。

  • 行き:真ん中の通路を挟んでの隣
  • 帰り:三人席の隣

申し込みが早ければ悪くない席に座らせてもらえるようです。

 

決済料金は必須

支払い方法でクレジットカードを選ぶと、決済料金として800〜900円ほど取られました。
なので実際は「チケットの往復料金+決済料金」を支払いました。

 

行き帰りのチケットを別々に支払うと、倍の決済料金が必要になりますので、支払いはひとまとめにするのがコツだと思います。

 

不都合がなかった点

乗り心地

LCCの座席はよく「狭い・キツイ」と言われますが、思っていたほど窮屈ではありませんでした。

 

特に、ヒザが前の座席にぶつかると嫌なものですが、
座った時の「自分の膝」と「前の座席の背もたれ」の間は、コブシ1個は十分に空いていました。

 

座席の余裕度

 

僕は175センチ65キロの中肉中背ですが、185センチで85キロとか超えてくると、もしかしたらキツイかもしれませんね。

 

専用の待合室

飛行機に乗る前の荷物検査が終わった後、LCCの場合「プレハブ小屋のようなところで待たされる」というイメージがありました。

 

ですが、実際に行ってみると、成田も那覇も、何不自由のない待合室が用意されていました。

 

近くのスタッフの人に話を聞いてみると、成田の場合、2012年の後半に待合室が新しくなって風も雨も入らないようになったそうです。

 

それまでは、結構、寒くて大変だったとか。
遅延の多いLCCにとって、待合室の不備は致命的だと思うので、新しくして正解だと思います。

 

悪かった点は遅延

これは何と言っても「遅延」に尽きます

  • 行き:30分遅れ
  • 帰り:1時間遅れ

でした。

 

これについては、非常に大事な点なので、もう少し突っ込んでいきます。

 

LCCになぜ遅延が多いのか?

それは、同じ機体を使いまわしているからのようです。

 

つまり、往復バスのように、1日の間に、
成田⇒那覇⇒成田⇒那覇
と同じ機体で行ったり来たりしているわけすね。

 

ということは、つまり、どこかで遅延が発生すると、後の便はそのまま横ズレして遅延するということです。

 

なので、遅延を避けたいなら、なるべく早い時間帯の便に乗るのが懸命だと思います。

 

特に「成田着」の場合、23時という時間制限がありますので、

  • 成田に23時前に着く予定が見込めなければ欠便
  • 成田に23時ギリギリに着いても電車がなくて、途中までしか帰れない

というようなトラブルが発生します。

 

実際、僕も帰りの便が成田についたのが22時55分頃。
終電の23時6分発の京成線に乗ったけど、途中までしか帰れずにタクシー代3500円。

 

タクシー代と片道のチケット代が同じとは、何たる皮肉・・・

 

これはLCCを使いこなす上で必要な経験だったと思います。
成田にLCCで帰る時は、最終便を避けて一本前で帰るのが必須ですね。

 

日本語説明

那覇空港の待合室にいる時点で、エアアジアのスタッフから何回か、遅延の説明があったのですが、これが何と「日本語オンリー」

 

もちろん、乗客は日本人だけでなく、結構な率で外国人の姿がありました。
遅延状況がわからない外国人の方は不安だったと思います。

 

そこには、日本人スタッフが雁首揃えて3人もいたわけですが、航空会社なのに一人くらい英語を話せないものなのでしょうか。

 

これは本当に情けない・・・
せめて、時間の部分だけでも簡単に英語で説明してあげてくださいよ・・・

 

エアアジアはマレーシアの会社でANAと組んで日本ではやっているわけですが、スタッフさんやCAさんは外国人が半分くらいでしょうか。

 

待合室に入る前のカウンターにいた東南アジア系の女性の方は、最初、僕が日本人と思って「ゴニョゴニョ」と早口で話しかけてしまったにも関わらず、笑顔かつ日本語で完璧な対応をしてくれました。

 

また、念のため書いておきますが、機内のアナウンスはもちろん日本と英語で伝えられます。

 

その他注意点

ウェブチケット

細かい話はチケットを購入してから調べてもらいたいのですが、エアアジアの場合、ホームページでチケットを予約したら、出発前までに「ウェブチケット」というものを印刷する必要があります。

 

これがないと、空港で有料手続きになったり、最悪、乗れないなんてことにもなりかねません。

 

予約後にメールで案内されるので大丈夫だと思いますが、これから利用される方は、そういうものがあるんだということを覚えておくと良いと思います。

 

パスポート

国内旅行であっても、成田空港に入る時には身分証明証が必要になります。
運転免許証でもOKと書かれていましたが、僕はパスポートを持っていきました。

 

安い時に買う

メルマガでプロモーションの案内が来たら、すぐに決断することが重要です。
せめて、メルマガが届いたその日のうちに決めましょう。

 

僕が買った沖縄行きのチケットは、次の日に見たら値段が倍になっていました。
この感覚がLCCのプロモーション価格なんですね。

スポンサード リンク